耳から”も”学ぶ~Learn With Your Ears, Too~

ラジオの中国語講座を聞くともなしに聞いていたのですが、遊びで先生の真似をして発声してみました。といっても単語も何も分からないから「音の高低と長短のみ」、ハミングのようなものです。

外国語を話したいとき、「音楽として捉えて真似する」ことがコツの一つかと思います。その言語独特のリズムや音の流れを掴むことがポイントでしょう。音楽が得意な人は外国語習得(話す聞く)が得意、という相関はあると思います。

英語もよく「耳から覚える」と言いますが、それは「音を意識する」、「耳から “も” 学ぶ」ということだと思います。話すためだけではなく、一般的には「読む」上でも効果があるように思います。

一方、音を再現せず、「文字と意味」だけを追うのは暗号解読と考えることができると思います。それはそれで面白いです。古代の文字、たとえば日本の平安時代の仮名文字にしても、どういう風に本当は発声されていたのか、私は分かりません。

少なくとも今生きている人たちが話している言葉についていえば音声が得られる環境にあるので、うまく「耳からも」学んでいけたらいいですよね。

この文章を書きながら思い立ち、久々に英語学習アプリを物色してみました。

英字新聞の原文と、読みやすくしたもの両方が掲載され、かつどちらも読み上げてくれるアプリがあり、興奮し聞き始めたら、機械音声でした!!リズム感や表情がなく、平坦平板であることが特徴的です。一つ一つの言葉は正確に発音されるのですが、文章にすると違和感が強いです!!

これを真似するようになったら、人の音声が機械的になってしまいます。なかなか倒錯的です。「読む教材」としてはお得で有益と思いキープしています。

聞く教材としては、短いニュースを人が読み上げているものを新しくダウンロードしました。
↓試し中のアプリ

多種多様な英語学習アプリやサイトがあり、自分に合ったものを見つける大変さが増しているのかもしれませんが、一つで全部を求めず、必要な部分を取り入れていけたらいいですね!

☆視力や聴覚に特別の配慮をしなくてもよい学習を想定して書いています。